teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


こぐまさま

 投稿者:huntetsu  投稿日:2017年 1月12日(木)02時03分6秒
  覗いていただきありがとうございます。明日もよろしくお願いいたします。  
 

たった今

 投稿者:こぐま  投稿日:2017年 1月12日(木)01時08分56秒
  ブダペストのホテルに向かうバスの中でフンテツドットコムを検索してここにたどり着いたツーリストです。解説の端々からうっすら鉄っちゃんではないか?と思っておりましたがフンテツの話が出で拍手喝采大笑いでございました。楽しい解説ありがとうございました。  

西鹿児島駅様

 投稿者:huntetsu  投稿日:2016年 8月14日(日)01時29分44秒
  はい、覚えております。私のホームページを覗いて頂きましてありがとうございます。
ここ、5,6年はあまり写真を(大した写真ではありませんが)更新しておりませんが、
まだまだ、写真はありますので徐々に更新したいと思っています。
また、覗いて下さい。
 

感謝

 投稿者:西鹿児島駅  投稿日:2016年 8月13日(土)20時50分1秒
  8月8日阪急のツアーでお世話になりました。鹿児島の鉄道にも造詣が深くいらっしゃりびっくりしました。親が国鉄マンと話した者ですが覚えていらっしゃいますでしょうか。トカイの貴腐ワイン選びの時にもアドバイスを頂き感謝しております。的確なガイドでありながら漫談みたいな楽しいお話にぐいぐいと引き込まれました。ありがとうございます。おかげさまで今度はじっくりブタペストを訪れたいなあと思うことでした。ホームページも私どもからするとマニアックで感嘆するばかりで鉄チャンおそるべしでした。再訪するときはまたよろしくお願いします。
 

シャルロッテ・グランロッシュ様

 投稿者:huntetsu  投稿日:2016年 3月26日(土)02時42分50秒
  書き込みありがとうございます。
はい、覚えていますよ。
「ハンガリーの鉄道」を覗いていただきありがとうございます!
 

この間の

 投稿者:シャルロッテ・グランロッシュ  投稿日:2016年 3月25日(金)12時34分0秒
  旅行のときは楽しいガイドをありがとうございました。
『グランドブタペストホテル』について質問したものです。
これからも、楽しいお話で皆さんを笑顔にして下さい。
 

貴重な資料をありがとうございます。

 投稿者:玄の葉月  投稿日:2015年10月26日(月)16時14分56秒
  私が見た廃車体は図面上の線と重なります。それにしても1993年まで線路があったとは驚きです。あとは辞典でも引いてマジャル語の翻訳をすれば夢が現実に戻りそうです。難民問題が一段落したら行ってこようと思います。  

玄の葉月 様

 投稿者:huntetsu  投稿日:2015年10月22日(木)15時30分57秒
  https://hu.wikipedia.org/wiki/Domb%C3%B3v%C3%A1ri_Gazdas%C3%A1gi_Vas%C3%BAt

ハンガリー語ですが。
 

玄の葉月様

 投稿者:huntetsu  投稿日:2015年10月22日(木)04時54分58秒
  書き込み、ありがとうございます。
今日まで書き込みに気づかず、申し訳ありません。
http://www.vasutallomasok.hu/

私も参考にしていますが、こちらで廃線を調べることも出来ます。
以前のように、鉄道趣味に没頭は出来ておりませんが、何かあれだご連絡ください。
 

ハンガリーローカル線関連記事を探索している途上

 投稿者:玄の葉月  投稿日:2015年 9月10日(木)14時49分36秒
  このサイトにあいました。最近は難民問題でTVにでてくるハンガリーの鉄道ではありますが少しまえにも大幅な廃止計画などニュースを賑わせた時期もありました。ナローゲージやローカル線の宝庫だった同国の鉄道事情もその後どうなっているのか詳細はわかりません。くわしいかたにはこのサイトを通じて状況を説明してもらえるとありがたいものです。
私がハンガリーを訪れたのは人民共和国時代です。ドンボーバルという平凡な地方都市が印象強く残っていて、もう一度旅するなら有名観光地よりもハンガリー大平原らしさの垣間見えるところがいいですね。ドンボーバルには二日滞在し、一日はペーチへ、もう一日はあてもなく市域とその周辺を歩きました。不思議だったのは人気のない殺風景な原野に鉄道車両の廃車体を見つけたこと、駅まで3キロ以上あるし、それにどう見てもMAVの車両ではなさそうたし、大きさからして昔北海道にあった簡易軌道のものに似ていた。そして最近になってかつてドンボーバル近郊に簡易鉄道なるものがあったことを突き止めました。ハンガリーには簡易鉄道が多数存在し、多くはその後も元気に走りつづけたようですが、私が見たドンボーバルの簡易鉄道はかなり古く廃止されたもののようでした。いずれ調べに出掛けてみようと、思いますが外国での廃線歩きとかはあまり簡単にやれそうにないしもし経験のあるかたがいましたら方法を教えていただけないでしょうか。
 

レンタル掲示板
/13