teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. (0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


大口情報

 投稿者:情報部員  投稿日:2011年12月17日(土)11時05分17秒
返信・引用
  http://www.erogerotube.com/?p=515
に代表されるように、どうやら

チンポコ・マグニチュード

という検索単語が有効なようであります。
 
 

これはすごい・・・

 投稿者:情報部員  投稿日:2011年12月 1日(木)07時42分30秒
返信・引用
  これはすごいですよ
http://eroino.net/search?keyword=%E7%94%B7%E3%81%AE%E6%BD%AE%E5%90%B9%E3%81%8D
 

追加

 投稿者:情報部員  投稿日:2011年11月24日(木)05時10分12秒
返信・引用
  http://xhamster.com/movies/245826/handjobs_hot.html  

!!

 投稿者:Dカップより  投稿日:2011年11月24日(木)00時52分44秒
返信・引用
  えろいぉ(*゚ー゚*)ポッ
いっぱい【。+゚ぁりヵゞとぅご±゛ぃまUナ=。+゚】ヾ(・ω・‘o)
勉強します・・・・しかし相手をまず探そう(´;ω;`)ブワッ
おなかが痛いから早めに寝るので夜中まで持たなそうです・・・
今から少しは東風にログインしてますので(o*。_。)oペコッ
 

(無題)

 投稿者:情報部員  投稿日:2011年11月23日(水)08時07分50秒
返信・引用
  http://www.elog-ch.com/news/archives/2009/12/23164120.html
http://www.elog-ch.com/news/archives/2008/09/27110940.html
http://www.elog-ch.com/news/archives/2010/07/30173010.html

http://www.elog-ch.com/news/archives/2011/10/01161610.html#search_word=潮吹き

http://www.moenorinjin.net/gotanda/douga.html

http://video.fc2.com/a/content/20101130dSVr5MYx
http://video.fc2.com/a/content/%E6%89%8B%E3%82%B3%E3%82%AD%E3%81%AE%E5%A4%A9%E6%89%8D%E3%81%AB%E6%BD%AE%E3%82%92%E5%90%B9%E3%81%8B%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B/20110901wtyhSzrY/
http://video.fc2.com/a/content/%e5%a5%b3%e5%ad%90%e9%ab%98%e7%94%9f%e3%81%ae%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e6%89%8b%e3%82%b3%e3%82%ad%e3%81%a7%e6%bd%ae%e5%90%b9%e3%81%8d/20100406TEKH67Sz/&tk=TVRJNU16TTBOek09

http://xhamster.com/movies/245808/handjobs_hot_2.html
http://xhamster.com/movies/246149/handjobs_hot_4.html


http://otokonoshiofuki01.blog129.fc2.com/
 

(無題)

 投稿者:情報部員  投稿日:2011年11月23日(水)08時06分46秒
返信・引用
  http://www.elog-ch.com/news/archives/2008/09/27110940.html

http://video.fc2.com/a/content/20101130dSVr5MYx
http://otokonoshiofuki01.blog129.fc2.com/
 

そんな事が・・・

 投稿者:Dカップより  投稿日:2011年11月23日(水)04時56分49秒
返信・引用
  でも、ずむさんの優しさ、人としての助け合いの必要さが良く
伝わってきました。献血を繰り返す事。大量の血液を抜かれる事は貧血を
起こすし、しんどいものとわかります。。でも元気な人間なら
すぐに血が作られますものね~必要ならどれだけでもあげたいですね。
私も心臓停止あるいわ、脳死どちらも、死後ドナーになるように
登録しています。さすがに骨髄バンクは急にお願いしますと来て、
究極に痛いらしくそれは登録してませんが・・・;;
一度の人生、誰かの為に何かしたいですね^^自己満足かもしれませんが
喜んでもらい、その人に生きる喜びを与えれることは素晴らしいと思います。
 

「献血と私」 -何故献血をするのか-

 投稿者:リズム  投稿日:2011年11月23日(水)03時06分32秒
返信・引用
   平成2年6月、高校の文化祭に献血バスがやって来るので、興味本位で献血をする事にした。献血は200ml全血で、これが私の献血のデビュー戦となった。
 大学に進学した平成4年9月、同じ学科の女の子と市街地をウロウロした帰り、そのまま献血に誘われた。ささっとやって、帰るというイメージであった。受付で成分献血を勧められた。物好きな私は、成分献血に挑戦することにした。連れて行ってくれた女の子は、比重が足りないので、その日は出来なかった。献血の採血ベッドに乗ると、両腕に針が刺され、両肘が曲げられない状態となった。この状態が約1時間半続くというのは、針が刺さった後に知った。「さ、詐〇だっ…」と感じるも、既に時遅しといった状態であった。長期戦になる為か、目の前にはテレビがあり、自由にチャンネルを変えられるのであるが、なにぶん、両腕が固定されていて、身動きが取れない状態であった。看護師さんに「チャンネルを変えてくれ」とは言えても、「顔かいてくれ」とは言いにくく、成分献血を軽い気持ちでやってみただけに、この状態が1時間半続くのはさすがにきつかった。
 予定の1時間半が過ぎても、血小板があまり回収できていない状態であった為、引き続き採血を行うこととなった。2時間半経過した時、まだ予定の3分の2程度しか回収できていなかった。採血はそこで終わった。待合室には雑誌を読みながらお菓子を食べ、ジュースを飲んでいた女の子が居た。どちらが疲れ果ていた分からないくらいであった。

 月日は流れ、初めて成分献血を行ってから3年経った大学4年の平成7年7月初め、下宿に1本の電話があった。日本赤十字社の血液センターからであった。たしか3年ほど前に、献血した事があったが、今更なんだろうと思い電話に対応すると、相手は、
 「手術をしなくてはならない患者さんがいて、あなたの血液が患者さんにとって都合がいいものなので、献血して欲しい」との事であった。私には断る理由も無く、そういったことであればと、了承した。献血の当日は大学に車で迎えに来てもらうことになった。迎えに来てもらい献血ルームに向かう車内では、
 「白血病の患者さんが居て、手術をするので型があった血液が必要で、どうしても県内から確保しなくてはならず、3年前に遡って選び出し、お願いをしました。引き受けてもらって助かっています」と言われた。よくよく話を聞いていると、成分献血をやるそうであった。あの激闘が繰り返されるのであった。献血ルームに入ると、スタッフ一同待ち構えていたかのようであった。どうらや私は、VIPのようであった。3年前に1度だけ献血をして、そのデータから私を指名するので相当な事態である事はスタッフの対応で分かった。
 「これは頑張らなくてはならないな」と嫌でも感じてしまうほどであった。受け付け作業を済ませた後、今とは違って、採血検査を済ませから、医師の問診へと向かった。採血検査は無事にクリアした。しかし、医師の問診でひっかっかってしまった。私が医師の問診でひっかかるなんてありえない話だ。医師の判断は、本日献血中止であった。これは大問題である。この医師の判断が、直後を含め、今度、大きな展開となって行くことは知る由もなかった。

 献血3回目が依頼の献血となったこの日、医師の判断で献血が中止になった。その事で、
  血液センターは、手術用の血液が確保できなかった。
  私は血液センターに対し、せっかく声をかけてくれたのに、期待に応えられなかった。
  私自身、大学院受験を控えていたので、献血を終え、受験勉強に専念したかったが、できなかった。
と、3つの問題が出来てしまった。
 『次回、献血をする事になれば、何時になるのであろうか?』そう考えながら、迎えに来てくれた職員の方に“献血中止”を伝えると、あまりにも納得いかない様子で
 「ちょっと待って」と言い、医師の所へ行った。職員は問診をした医師と10分以上ももめていて、激しいやり取り故、離れた所に居ても、ところどころ会話が聞こえた。3年前のデータをほじくり返し、なんとか見つけ出し、ついさっきまで、車内では雰囲気良く会話していた協力者を、医師のサイン1つによって、血液が回収出来なくなるのだ。私には献血をしてもらいたいという気持ちがよく伝わって来たし、私自身も献血をしたかった。結局、その日は「後日、連絡するから」と言われ、帰ることになった。タクシーを手配してもらい、大学に戻って卒業研究を行ったが、中々身が入らなかった。
 2日後、電話があった。
 「2週間後に来て欲しい」のとの事であった。『次回は何があっても失敗できない。次、献血に失敗したら、大学院入試も失敗するのではないか? もし、必要なくなりましたという連絡があったらどうしよう。それは患者さんの死を意味するのであろう。手術して死亡すれば結果論だが、手術できなくて死亡すれば、これは明らかな過失だ。その原因は言うまでのなく、血液が確保できなかった事に他ならない。何が何でも次回は献血をしなくてはならない』そんな事が頭の中をよぎっていた。
 2週間後、無事献血をすることができた。これで大学院入学試験前の全てのイベントが終わった。
 『あとは入試に全力を尽くすだけだ。手術も成功してもらい、それにあやかりたいものだ』なんとも都合のいい解釈だ。
 『まぁそれくらいはいいだろう…』その後、大学院は無事合格した。秋以降、献血ルームからの依頼をも含め、献血を行う事はなかった。

 前回の献血から8ヶ月が過ぎ、卒業を目前にして、引っ越し作業も終えた日、下宿の中は、手荷物と布団と電話があるだけで、あと3日で4年間居た水戸ともお別れだ。そして広島に行く。そんな時、電話が鳴った。こんな時に電話を掛けて来るのは、「仲間からの冷やかしの電話」か「間違い電話」くらいであろう。結果はどちらでもなかった。日本赤十字社からであり、以前と同じ人からであった。一瞬で全てを悟った。全てというのは、“会話を終え、電話を切り、受話器を置くまでの一連の展開”だ。麻雀をしていて相手の超ド高めの上がり牌を掴んだ感じだ。
 『これは全く受けが無い。既に詰んでいる』
そう確信した時、相手が用件を言いはじめた。
 「3日後ですが、以前と同じ要領で献血をお願いします」皮肉にも予想通りの展開だ。
 「(無理だ・・・その日は引っ越す日だ。)その日は卒業式の日で、昼過ぎに水戸を出ます。時間的に不可能です」
 『卒業式の前日は夜から仲間と飲み明かし、朝5時になったら、青果市場にバイトに行く、その後、下宿の引き払いをして、大学に行き卒業証書をもらってそのまま水戸駅に行く。水戸から神戸まで帰る。夜、家に着いたら両親に卒業の報告をしなければならない、また、翌日は朝から広島に向い、入学の手続きと引っ越しをしなくてはならない。3時間という時間は捻出できない。水戸駅から実家まで最低6時間を見なくてはならない。水戸駅を出るのが1時としても家に着くのは7時になる。これに3時間を加えると順調に行っても午後10時だ。ということは、実家に戻るのは12時を回る可能性も十分にある。それに前日は飲んでいるし、また前回同様問診ではねられることもある。今後、水戸に居ないので次回は無い。責任も持てない。どういう理屈を出してもその日は無理だ』
 「水戸の記念に献血どうですか?」最後のお願いをしてきた。
 『(だめだ・・・俺には何もできない・・・俺の生き方とは、180度反対の展開だ・・・)』
丁重に断って電話を切り、献血をしないまま水戸を出ることになった。

 卒業式の日の昼過ぎ、仲良くしてもらっていた先輩や同級生が急遽、車で水戸駅まで送ってくれることになった。途中、献血ルームの前を通過した。非常に複雑な気持ちであった。『本来、ここに入るべきなのであろうか? この連中に、献血の事を話すと問答無用で献血ルームに直行することになるのは百も承知だ。問答無用で私を献血ルームに叩き込む連中だからこそ、この車に乗っているのだろう』私は黙っていた。なんとも情けない自分が嫌だった。3人は、私が水戸の想い出をふけっていると思っていたのだろう。
 『この期におよんでこの様か』3人は駅のホームまで見送ってくれた。常磐線に乗り、車内では4年間を振り返っていた。
 『4年間で卒業できたし、次の行き場も決まったし、目的とする学問も習得できつつあるし、仲良くしてくれた人も居たし、充実した4年間だった』と思っていた。東京駅で新幹線に乗り換えると、3時間で神戸に着く。
 『もう後戻りはできないし、今後の事を考えなくてはならない。今はそれで十分だ』今後の事を考えようとしたが、どうしても気がかりな事が1つあった。水戸で献血できなかった事であった。
 『どうして献血できなかったのだろう? あの患者さんは今どうしているのだろう? 別で血は見つかったのか? 他所の県に依頼したのか、県内の人を探せたのか、手術を見送ったのか?』知る由も無かった。
 『もしかして、そのまま手術ができなくなってしまうのではないか? だいたい3年前に1度だけ献血をした人に電話を掛けて来るくらいなので、そう易々と確保できないだろう。あのときの“水戸の記念に献血どうですか?”は、口から無意識にでた言葉であろう、紛れも無く思わず口にした言葉だ。何とかして俺を引き止めようとした言葉だ。このまま広島に行き、時間が経てば過去の話として処理されてしまうが、それでいいのか? もっと早くに言ってくれていたら対処できたはずだ。しかし、これは手術直前に言ってくるので無理だろう。なら、献血の依頼の可能性があることくらい教えてもらえば調整がついたのではないか?いやいや、そんな曖昧な話は出るはずが無い。それならどう解釈したらよいのか?』
 理科系の人間らしく、仮説を立ててみた。『7月に献血した際、1度目で献血ができていたら、手術の日が2週間早まったはずだ。そうすると2度目の手術も2週間程度早まったはずだ。2週間前なら、時間を持て余していたので献血できたはずだ。それこそ、成分献血だけでなく、2週間後にあたる今日、“水戸の記念”で400mlの献血もできたはずだ。2週間でなくてよい、せめて、あと1日早く電話があれば献血することができたのに。何故7月初めに問診でひっかかったのか?』このような事を新幹線の中で考えていた。
 広島に行くと、同級生に献血に誘われた。結構な回数をやっていたようであった。私は適当な理由を付けて断った。 『何回献血をしていようが、私の方が格上だ、私は依頼されたことがある』という誇りだけを持ち続け、献血をしなかった。やはり、
 『依頼されて、献血できなかった時のことを考えると責任が持てない。なら最初から参加しなければいい』なんとも惨めな考え方ではあるが、この考えはこれ以後しばらく続いた。
 東京に来て2年経ち、近くに献血ルームがあったので、冷やかしで献血に行ってみた。あまり体調が良くなかった事と、採血検査の針が痛い事とで、その日は献血せずに撤収した。
 それ以降も、献血ルームの前を通るたびにハンドマイクからの演説が聞こえる。かなり系統だてて話をしていて分かり易い呼びかけであった。毎回10秒程度しか聞かなかったが、何度も話を聞いているうちに、話がつながってしまってい、内容が把握できていた。それだけに自分がどうすべきかも自覚した。
 しかし、過去のつらい思いから中々一線が越せなかった。いつしか繁華街の騒音の中から、ハンドマイクからの声のみが明確に聞こえるようになっていた。
 そんなある日、
 『このままだと、自分は何時まで経っても線の向こうの人なのだなぁ』と一線を越すことを決断した。13年振りの献血であった。成分献血といえども、片手にしか針を刺さないし、採血の時間も1時間程度と短時間であった。成分献血も一般的になっていたようで、時代は変わったのであろう。私の血液がどのように使われるかは知ることができないが、どこかに使われるのであろう。献血に復帰するとともに、線のこっち側の人間になった。復帰といっても生涯通算4回目であったが、それは、長い長い戸惑いから解放された時でもあった。それから8ヶ月年後、再度献血に行った。その後も成分献血を中心に献血を続けている。
 ある日、看護師さんに「依頼に協力する」にチェックを入れるように頼まれた。同じ看護師さんに3度続けて頼まれたがその都度断った。あくまで単発の献血者として活動するためだ。さすがに4度目は無かった。今では「協力しない」方にチェックが入っている。自分の中では、依頼に協力しない代わりに、率先して献血に協力することを引き換えにした。

 献血を断ってから15年経った今でも“水戸の記念に献血どうですか?”が頭から離れない。離れないのでは無く、離そうとしないのであろう。私自身、離してしまえば、
 『人間として終わり』だと確信しているからだ。
 人間は必ず死ぬ。100%死ぬ。ただ、生命の維持を目的として手術や輸血を行う中で、「血液が無いから手術できません」や「手術できないから生きられません」は如何なものか? 現在は手術などによる献血の依頼時には複数の方に声を掛けるらしいが、私の時は私だけであった。当時は成分献血が一般的でなかった時代であったからであろう。
 手術することで1年、いや3時間でも長く生きる事ができたなら、私の3時間は有意義だったはずだ。手術したことで1分間でも延命できれば、また、少しでも体調が良くなれば、私はそれでいいと思っている。1分のために私が借り出されても私はそれくらい構わないと思っている。この考え方は依頼で献血をしてから変わらないままだ。私の中では、血液が無いということの大変さを知っているつもりだ。血液が足りないくらいなら、血液を余らせてゴメナサイしてドラム缶行きにした方がマシだとも思っている。なんて考え方なのだろうか。ただ、そう思って献血をやらないと、自分自身が持たないからだ。どうせ埋まらないであろう心の穴を献血を行うことで埋めてみようとしたらこの様な考え方になってしまったのだろう。
 献血回数が10回に達したとき、
 『もうこの辺で許してもらってもいいだろう、これで止めよう』と決意して、これまで疑問に思っていた事を献血ルームの人に聞いてみることにした。所長さんが対応してくれた。昔、別の献血ルームでは街頭でハンドマイクを持って呼びかけをしていた人だ。説得力があり、あまりの演説の上手さに呼びかけ専門のプロだと思っていた人だ。『日本赤十字社も自前であのレベルで演説をする人をかかえているのか』と思い関心した。所長さんと話をした中で、現在の献血状況や成分献血の必要性を聞き、自分が線の何処に立つべきかを確認した。納得した上で11回目の献血を行った。
 過ぎ去ってしまったことは過ぎ去った事としてしか対処できない。私の場合は、立ち向かうことでしか対処できないはずである。どういうわけだか、ヘモグロビンの数値が低い状態であるが必死でやっている。
 献血者は様々な理由で献血をやっているはずだ。理由なんて何でもいいと思うし、具体的に理由が無くてもいいはずだ。私の場合、
 『そんなことで献血をやっているのか?』
と思われるかもしれないが、それが事実である。血液を確保出来無い為、手術が出来なかったり、場合によっては生きられなかったりする事は勘弁して欲しいので献血を続けている。
 私自身、献血を何時止めてしまうか分からないが、今のところ続けて行く予定だ。東京都の場合で考えると、年間60万回の献血に対して、私は年間10回献血するため、私の貢献度は60万分の10である。私が居なくても過不足は誤差の範囲である。しかし、私が居れば10回分輸血ができる。手術に10回使われたら、この10回は誤差ではない。10回分の手術に参加できるのである。すごいことだ。
 過去2度、採血を担当してくれた看護師さんに水戸で献血できず消え去った話をした。2人ともが、「いい人ですねぇ~」「優しいですねぇ~」と言ってくれた。私は「どこがいい人なのかも、何故優しいのかも理解できていない」やはり献血をしようとする姿勢が大事なのか?少し前はヘモグロビンの値が超低空飛行であるが故、献血できない事も多かった。最近でも看護師さんに泣きを入れて再度測定してもらい、数字をクリアしたこともあった。意地でも献血する姿勢は持っているようだ。献血をしたくても各種事情で献血をできない人も大勢居ると思うが、その分は私が頑張るつもりである。また、手術や治療で血液が必要ならば、ジャブジャブ使ってもいいと思っている。足りないのなら、あとはこっち側の人間が献血を頑張れば良いだけの事だ。
 献血は敷居の高い事と感じている人が多いと思うが、慣れないうちは「興味本位」や「冷やかし」でやればいいのではないかと思う。その時点でも人の生死にかかわる事に対し、多大な貢献をしていると考えてよいはずだ。話を聞いたり、献血を行ったりしたうえで、本人で「献血は必要」と判断したら献血ルームに通えばいいのではないかと思っている。
 私もいつ輸血してもらうか分からない。今はなんとか現役で頑張れている。年齢制限による勇退、輸血による引退、体調不良による引退までは、「人生の記念」に献血を続けていこうとしている。
 

久々に

 投稿者:Dカップより  投稿日:2011年11月12日(土)01時30分23秒
返信・引用
  ログインしました~(o*。_。)oペコッ
だれもいないみたいです・・・(´;ω;`)ブワッ
なにか面白いことはありましたか(?・・)
また来れる時に顔出します~☆
 

(無題)

 投稿者:...  投稿日:2011年10月25日(火)06時35分18秒
返信・引用
  柚木軍☆みち >そういえば 石川さん 掲示板見た?
道程軍☆達磨 >くだらん
道程軍☆達磨 >国会議員
道程軍☆達磨 >一事不再理ってしってるか
石川Ⅴ右衛門 >くだらんじゃなく判らんでしょw
道程軍☆達磨 >二重の危険
石川Ⅴ右衛門 >トイレと言って必至でネットで検索wwwwwwwwwwww
jujujujuh >wwwww
柚木軍☆みち >準決賞の日にちのってるから・・・
石川Ⅴ右衛門 >ああ見ましたよ>みちさん
jujujujuh >みちに関する記事はみた
道程軍☆達磨 >あんたに一番関係あるのは 無能力者制度かもな
李kasu賢三 >豆腐、豆乳、危険
柚木軍☆みち >それならいいよ^^
李kasu賢三 >金子右足引きずってたな
石川Ⅴ右衛門 >てか達磨さんの嘘ツキ何とかして下さいwwwww
石川Ⅴ右衛門 >弁護士資格とかwww
李kasu賢三 >志木か朝霞あたりから乗ってきたどッカの営業やってる金子
柚木軍☆みち >あんなん ただの妬みでしょ!!
李kasu賢三 >首から社員証わざわざぶらさげて
jujujujuh >妬み?
道程軍☆達磨 >大阪弁護士会に 照会してみろw
道程軍☆達磨 >達磨で 登録してる
柚木軍☆みち >うんそれしかないもん
李kasu賢三 >李レン朴豆腐店
jujujujuh >女が書いたと?
李kasu賢三 >木下朴、本店はどこだ
柚木軍☆みち >そうだろうね
李kasu賢三 >文京か
jujujujuh >女の誰かが「仙人」と名乗って書いたと
柚木軍☆みち >うん
道程軍☆達磨 >-ほう
jujujujuh >掲示板管理されてるのは誰かな
石川Ⅴ右衛門 >だるまさんだるまさん
道程軍☆達磨 >あれ 慰謝料請求 もっていけるぞ
柚木軍☆みち >ざりがにさん
道程軍☆達磨 >1O万は取れる
石川Ⅴ右衛門 >司法試験の科目 5秒以内で答えてw
jujujujuh >過去の記事と照合すれば犯人わかるかもね
道程軍☆達磨 >けんみんけい
道程軍☆達磨 >けいそみんそ
道程軍☆達磨 >商法
石川Ⅴ右衛門 >何それwwwwwww
柚木軍☆みち >過去とは別だね・・・
道程軍☆達磨 >あと 選択科目
石川Ⅴ右衛門 >商法wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
jujujujuh >憲法民法刑法刑事訴訟法民事訴訟法
道程軍☆達磨 >会社法 手形小切手法
jujujujuh >みち的には思い当たる節があると
道程軍☆達磨 >もう 20年まえや
石川Ⅴ右衛門 >馬鹿が暴かれましたw
柚木軍☆みち >一応だけど・・・
石川Ⅴ右衛門 >変わってるけど少しはw 商法とかねえしwww
道程軍☆達磨 >ヘラ 弁護士かいしたんか
道程軍☆達磨 >あほ
道程軍☆達磨 >講学上 商法っていうんや
道程軍☆達磨 >商事関係の 法体系を
jujujujuh >この書き込みの改行の仕方をみてると 確かに誰かと似てる
石川Ⅴ右衛門 >はい残念w
道程軍☆達磨 >証取法も 商法
柚木軍☆みち >だれ??
石川Ⅴ右衛門 >商法は試験にありますw 講学上とかなに?www
道程軍☆達磨 >まあ いまは 司法書士の仕事やな 小額訴訟は
jujujujuh >掲示板を一通りみていけば わかる
石川Ⅴ右衛門 >カマかけたら 講学上だってwwww
柚木軍☆みち >だから誰?
石川Ⅴ右衛門 >達磨さん嘘付いているのバレバレですよw
jujujujuh >いえない。掲示板管理人なら照合すればわかる
道程軍☆達磨 >負けずぎらいやな ヘラさんw
柚木軍☆みち >そうだね・・・
道程軍☆達磨 >おれの前では 素直になれよ
道程軍☆達磨 >おれは 悪徳やから
道程軍☆達磨 >あんたみたいな キャラ すきなんや
石川Ⅴ右衛門 >ヘラさんどう思う?jujujujuhw達磨さんの嘘wwwww
石川Ⅴ右衛門 >みてて 痛すぎるんですけどww
jujujujuh >みちが思う人の書き込みがそこにあるなら よくみてごらん
柚木軍☆みち >みてくる
道程軍☆達磨 >みち まじ ねなくていいのか?
jujujujuh >痛すぎて見てない
石川Ⅴ右衛門 >痛い痛い達磨さん~w
石川Ⅴ右衛門 >ですねw
道程軍☆達磨 >なあ ヘラさん
道程軍☆達磨 >素直になろうよ
自爆ヘラ >和子も知的障害者産んで大変だなw まああの腰軽売女の自業自得w
石川Ⅴ右衛門 >痛すぎて見えてないそうですよw
道程軍☆達磨 >これ 取れますよ
道程軍☆達磨 >30万
jujujujuh >どうやって?
道程軍☆達磨 >ログっといて
石川Ⅴ右衛門 >誰がどうやってとるの?
jujujujuh >どう特定する?
道程軍☆達磨 >管理者に 照会
石川Ⅴ右衛門 >だからー
自爆ヘラ >その程度だから司法試験落ちるのだよw 人生負け組52歳無職達磨w
道程軍☆達磨 >ふふ
石川Ⅴ右衛門 >ふふじゃねえw
石川Ⅴ右衛門 >痛いなぁw
道程軍☆達磨 >ざりがに君かな
道程軍☆達磨 >16さんかな
石川Ⅴ右衛門 >大谷貴彦=ザリガニ=自爆ヘラでしょ
道程軍☆達磨 >だな
自爆ヘラ >昨日来た老いぼれ親に「52歳でも毎日東風」と報告できたのかね?w
道程軍☆達磨 >いま 寝てるわ
道程軍☆達磨 >おい
道程軍☆達磨 >親のことは いじるな
jujujujuh >みち見たか
道程軍☆達磨 >反則やぞ
李kasu賢三 >八千代大和田の勝田みち
石川Ⅴ右衛門 >そういうと
石川Ⅴ右衛門 >ますますいじるぞw
柚木軍☆みち >見て来たけど 確信まだは・・・
jujujujuh >似てる人はおったろ
石川Ⅴ右衛門 >どれどれみてこよう
柚木軍☆みち >そうだね・・・
jujujujuh >後は管理者に頼むしかないだろうがね
柚木軍☆みち >うん
石川Ⅴ右衛門 >ていうか ザリガニ自体嵐だからなw
道程軍☆達磨 >なにはなしてるの みち
柚木軍☆みち >酷いでしょう あのいいかた!!
柚木軍☆みち >スレの事
道程軍☆達磨 >さっきみた 雑談の書き込み?
柚木軍☆みち >うん
道程軍☆達磨 >気にスンナ
柚木軍☆みち >あれは団内かと・・・
道程軍☆達磨 >うむ・・
道程軍☆達磨 >ザリに聞くしかない
柚木軍☆みち >まぁ いいけどね^^
道程軍☆達磨 >団内とは違うと思うが
柚木軍☆みち >そうだったらいいけど・・・
道程軍☆達磨 >うん
道程軍☆達磨 >えっ
道程軍☆達磨 >おれちゃうよ;;
柚木軍☆みち >まぁ 今日からは柚木着てねっ!!
道程軍☆達磨 >疑ってんのかおまえ
柚木軍☆みち >達磨さんの事?
道程軍☆達磨 >ああ
柚木軍☆みち >全然 疑うわけないやん^^
道程軍☆達磨 >そか^^
柚木軍☆煙巻 >君だっ m9(・∀・)
自爆ヘラ >力んで本性出すなよw 52歳にもなって分別もつかず見苦しいわw
道程軍☆達磨 >びっくりしたわ
柚木軍☆みち >あたりまえ^^
柚木軍☆煙巻 >(・∀・)ニヤニヤ
道程軍☆達磨 >ザリさんよ
柚木軍☆みち >うん
柚木軍☆煙巻 >('A`)マンドクセ
道程軍☆達磨 >夜叉かな
柚木軍☆煙巻 >( ・∀・)つデブちゃん tonな^^
柚木軍☆みち >こら~煙巻しっかりせい
道程軍☆達磨 >6おい みち
道程軍☆達磨 >知ってるんだろ
柚木軍☆みち >わかんねぇ・・・
道程軍☆達磨 >トンしたぞ
石川Ⅴ右衛門 >あの書き込みはああああああああ
石川Ⅴ右衛門 >悪女ちゃうか?
道程軍☆達磨 >悪女は もっとひねる
石川Ⅴ右衛門 >今見て来たけど
道程軍☆達磨 >ふふ
柚木軍☆みち >どうだった?
石川Ⅴ右衛門 >ていうか達磨さん52歳 こんな時間に大丈夫?
石川Ⅴ右衛門 >ていうか~貼ってるの誰?w
石川Ⅴ右衛門 >大谷貴彦=ザリガニ君だと貼っている犯人
石川Ⅴ右衛門 >思うな

 

レンタル掲示板
/2